FC2ブログ
一考察と決意。。。
2013 / 02 / 02 ( Sat )
2013年2月1日(金)

こよなく柔道を愛し、真摯に取り組む日本中の同士にとって、落胆と屈辱でこれほどショックを受けた日はかつてあったでしょうか・・・?

ヘーシンクにニッポン柔道が玉砕されようが、オリンピックで金メダルがゼロになろうが、ここまで別次元の断腸の思いを感じたことは、当然ながらいまだかつてなかったはずです。

私も深く考えさせられた一人であります。

柔道家だけではありません、スポーツに人生をかけ、教育に一身を捧げてきた人たちにとっても、ここ数日は激震の日々を送っていることでしょう・・・

全日本柔道女子監督の園田隆二氏の引責辞任、五輪2連覇の内柴正人被告の有罪判決・・・

二人とも日本柔道の誇る世界チャンピオンでありますが、いみじくも今日は二人のニュースでテレビ、ラジオ、新聞、ネット上も激しく炎上しております。

大阪桜宮高校の体罰事件、滋賀大津のいじめ事件の報告書提出のニュースとあわせ本当に忸怩たる思いであります。

正直、私も古き日本柔道の厳しい掟のなかで、身をもって愛のむちを体験してきた一人であります。

それらによって、今の自分があり、世間の荒波に負けない強靭な精神力が培われた、と今でも信じている一人であります。

それらによって、「夢を持つこと」「夢に向かって努力すること」「正義を貫くこと」の大切さをたたきこまれた一人であります。

内柴被告のことは事実とすればコメントに値しませんが、何事も人ごとと思わずわが身を引き締めろ、との警告であると考えます。

触れなければならないのは、園田氏のことでしょう・・・

園田氏は私の知る限りでは、柔道の強さはもとより、指導力も人間力もある立派な柔道家であるとの認識です。

私と同じ考えの人は世界中に大勢おりますし、谷亮子さんもそのようにコメントしておりましたのもその証拠と言えましょう・・・

この度の告発にある「体罰と言葉の暴力」は、おそらく日本中の多くの指導者に当てはまるのではないでしょうか・・・?

私もその一人であります。

しかしながら、私を育ててくれた恩師、先輩方には私に対する「情熱」があったはずです。

私も私についてきてくれている大切な子供たちに対する「情熱」を忘れたことはありません。

誤解を恐れず言えば、それを「愛」と呼ぶことに些かの迷いもありません・・・

園田氏も絶対にそうであったでしょう・・・

・・・が、すれ違ってしまったようですね、

時代が変わってしまったようですね、

そして園田氏が我々全員の身代わりとなって一人で責任を取った、

ということなのですね・・・?

恥ずかしながら、園田氏の引責辞任によってやっとそれらに気付くことが出来ました。

15人もの選手に告発されてしまったという事実、桜宮高校や滋賀大津では自ら少年が命を絶ってしまったという悲劇、100のうち99いい事をしても1つ間違えばすべてが無となるこの無情・・・

これらの現実を我々全員が重く受け止めながら、柔道界、ひいては日本スポーツ界、そして教育現場全体の、「意識改革」、「成長戦略」、「危機管理」に繋げていく・・・

このことが、我々全員の使命・・・

ということなのでしょう・・・

私としては、猪瀬東京都知事、橋下大阪市長をはじめとする激しい論評にも堪え忍び、この際真摯に受け止めて「自己の改革と管理」に先手を打ってみようと思います。

それによって「大原闘道精神」が未知の世界に進化、成長していくことと、大原発で千葉県から全国の同士へ「勇気と変革」を促すことが出来ると信じ、新たな取り組みにチャレンジしていく決意であります。

案外、このようなピンチがチャンスとなり、逆境から活路が見いだせるかも知れません…

この事件を契機に、より自主性を重んじることによってあらたな成長や成果が見られるとも確信しております…

例えば、なでしこJapanの佐々木監督や日本ハムファイターズの栗山監督のようにね…?

もとより「大原町少年柔道教室」は荘司前監督をはじめとする恩師、先輩の方々、私を助けてくれているコーチ陣諸氏、多大なる協力をいただいている保護者の皆様、そして曇りなき眼で夢にむかって頑張ってくれている子供たち、皆さんのおかげですばらしい「成果と活動」が出来ているわけであります。

私もこれまで信念をもって取り組んで来たつもりではありますが、どこか「勝利至上主義」に偏っていたかもしれません、今後は「人材育成主義」にも軸足をおいてさらに強い信念で取り組んでいく所存でございます。

幸いこの地域には、大原中の高品先生、大原高には西田先生というプロフェッショナルな指導者がいらっしゃいます。

二人の先生方、恩師、先輩、地域の方々、現コーチ陣と力をあわせて「精力善用、自他共栄」の言葉をもう一度見つめ直し、「地域の青少年育成」と「ニッポン柔道の再建」を旗印に今一度この身を捧げるつもりで職務に全うしますので、今後とも旧に倍してのご協力を伏してお願いを申し上げる次第でございます。

いい機会でありますのでリフレッシュしながら心新たに考えてみてください・・・

逆境に負けず共に頑張っていきましょう!


小路より

スポンサーサイト



06:36:54 | 大原町少年柔道教室 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夢にむかって!!!
2012 / 02 / 16 ( Thu )
夷隅合同練習では国際武道大学の監督で元世界チャンピオンの「越野忠則先生」直々に指導をいただく豪華な・・・

暮れの力善での総当りの練成大会でも全国各地から強豪に混じってハイレベルな・・・


出稽古1

出稽古2

力善


数々の出稽古をこなし3年連続の団体全国大会出場と悲願の全国上位進出の夢をかけて突っ走ります・・・


00:12:41 | 大原町少年柔道教室 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
岩船伝説・・・4
2012 / 02 / 15 ( Wed )
大阪6

史恩優勝の直後体育館前にて応援団全員にて・・・

大阪7

優勝の直前の嵐の前の静けさのおおはらもんたち・・・


大阪4

なんばのお好み焼き屋さんもやろうどもが占領・・・



そして伝説のレッドはちまきと黒Tシャツが大阪の町を席巻してしまったのでありました!
今年も鹿児島で伝説の続編といきたいもんですな・・・!!!
23:21:48 | 大原町少年柔道教室 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
優秀選手!!!
2012 / 02 / 01 ( Wed )
講道学者1

講堂学者2

講堂学者3

古賀稔彦、吉田秀彦はじめ数々の名選手を輩出し柔道の一時代を席巻した「講道学舎」

・・・が主催する柔道大会ですから全国レベルの強豪が数多く参加します。
大原もはじめて「講道学舎杯」に参加させていただきました。

結果は堂々の第3位・・・!

吉田道場、力善クラブ、春日クラブと名だたるメジャーを撃破しベスト4入り・・・!

準決勝では優勝した「松前クラブ」に敗退しましたがみんな良く頑張ってくれました!

殊勲は先鋒「浅野将輝君」、以前は凱皇、修弘に隠れた感がありましたが、ここのところ急成長!!!

準決勝でもただ一人松前から勝利し、一気に主役に躍り出ました!
このまま同期3人でがんばってもらいたいもんですね!


ps、寛太も病み上りながら全国3位の今田君とほぼ引き分けの激闘で貢献してくれました。
   史恩は松前の大将6年生女子の三浦さんに体落しで見事な一本負け・・・
   久々に天を仰いでおりました・・・
   まだまだしごき甲斐がありますね???
02:48:46 | 大原町少年柔道教室 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
浦智章という男
2012 / 02 / 01 ( Wed )
浦1


浦2


白シャツでサングラスの、一見本物風の危ないやつ・・・

ですが、日体大でいつも一緒に遊んでた親友でして、柔道の本場福岡にて、立派指導者でもあるんですよ、、、

2011大阪の陣では、なんと娘の明澄ちゃんが5年生女子軽量級で全国準優勝の偉業を達成!!!

2012年は日本一を狙うってんだから天晴れです。

そして写真は、その「雷山柔道クラブ」が全国選抜大会に出場し帰りに家族で「YAWARA」にきた時の様子!

負けらんねえっす!!!
01:34:24 | 大原町少年柔道教室 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ